どうか今は笑ってくれないか

とめどなくなんとなく

渇いた花でありたい

今はもう泣きはしないけど。

 

怒涛の一週間が終わりました。

4月の15日からこの日まで、長かったようで、やっぱりあっという間だった。分かったつもりで分かってなかったって嫌というほど思い知って、現実を知って、そうして7月8日まで来た。

今日はもう7月の13日。あれからもう5日も経った。13日の金曜日だけど、別になんてことはない。ジェイソンは来ないし、私はこうしてブログを書いている。関ジャニ∞さんが大好きな、五体満足の私のまま、こうしてブログを書いている。今日も良き日だ。これは蛇足。

 

どんな一週間だったかと聞かれたら、すぐさま私はこう答える。

「この上なくしんどくて、でもこの上なく関ジャニ∞さんたちを好きだと実感した、泣きに泣いた一週間だった」と。

どの番組もばかみたいに愛にあふれてて、その度に泣かされて、笑って、やっぱり泣いた。この辺の感想を綴っていると収集がつかなくなるから書かないけど、改めて、各テレビ局、番組スタッフさん、本当にありがとうございました。

 

色んな番組で、あの人は涙をこらえていた。きっと自分が泣くのはおかしいと思っていたのだろうし、実際あの人がもしもその一線を越えてしまったら、きっと私は怒っただろう。

今からあんたは何よりも愛している彼らから身を離して、たったひとりで自分の道を歩むんだぞ。希望と野心とエネルギーに満ちてないでどうするんだ。負けるなよ!

多分、そう怒っただろう。実際あの人は泣きやしなかったし、ずっと笑っていてくれたから、そんな言葉は一生吐く機会はなかったし、そもそもほんとに怒るのかどうかすら分からないままなのだけれど。それでいい。それがいい。

 

今日、まあ正しくは昨日なんだけど、彼らのブログ、レンジャーを読んだ。色んな言葉があって、色んな思いがそこには綴られていた。

 

すばるさん。最後の最後で、多分一生目にすることはなかったであろう言葉をつづってくれて、涙が出た。写真、ずるいよ。最後の最後まで、あなたのことが大好きで、そんなあなたは関ジャニ∞を愛してるんだって、最後の最後で伝えないでよ。うそ、ありがとう。

錦戸さん。思ったことをそのまま語ってくれて、救われた。訥々と書かれるそれらから、あなたのまっすぐな思いが痛いほど伝わった。永遠なんてないという言葉がかなしかったけど、今を生きる意志を伝えてくれたから、それでいいんだと思ったよ。走る限り、ついていくよ。

丸山さん。優しい言葉で寄り添いながらも歩いて行ってくれる宣言をしてくれて、嬉しかった。肝心なところは少しも見せないで、ただただ私たちにアイドルとしてのありのままを見せてくれるその強さと優しさに、私はこれからも救われるんだろうね。

安田さん。勝ちに行くんだと言ってくれて、それでこそと思った。あえてありのままを綴ってくれて、ありがとうとしか言えなかった。正直、発表があってから、あなたを見ると涙が止まらなかった。だけど、あなたの言葉で、絶対に見届けるんだって思えたよ。あなたがその赤を巡らせて生き抜くさまを、この目でずっと見たいよ。ずっと。

大倉さん。見なくてもいい、という言葉に思わず笑みがこぼれた。だってあなた、そんなさらっとした言葉で、はっきりと上り続ける意志を表すって、もう本当に最高だ。あなたのさらりとした言葉や態度の裏側にいつもあるぐつぐつとした野心や負けん気に、私はいつもいつも衝撃を受け、そしていつもいつも助けられている。あなたがいるなら、関ジャニ∞の帆は破れないし、翳した刀は折れることなく輝くんだろう。

村上さん。私のいっとうすきなひと。何も言わず、ただただ前に進む意志を見せてくれて、それでいいよと心から思った。でも、七人の集大成という言葉の中に、たくさんのものがあるんだろう。周囲の方への感謝の言葉は、嘘偽りないそれなんだろう。楽しい時間をあなたが作るというなら、私は絶対に楽しむから、どうかあなたも楽しいと、今が楽しいと、ほんの少しでも思っていてほしい。オタクの願いで、傲慢だ。

横山さん。負けてられないと言ってくれて、背筋が伸びた。あなたのすばるさんへの言葉はずっと、ずっとずっと「友だち」だったね。私は村上さんを推す女だから、村上さんを中心としてものを考えるけど。あなたとすばるさんにしかない、どこまでも何よりも男くさい「友情」が、私はたまらなく眩しく見えたし、とてもとても好きだったよ。これからも。

 

あなたたちが私たちに見せたいものを見たいと、心から思う。

私は関ジャニ∞さんが好きだ。前のブログでも言ったけど、私が好きになったのは7人の関ジャニ∞さんだ。それは一生変わらないし、変える気も毛頭ない。

だけどそれと同じくらい、いやそれ以上に、6人の関ジャニ∞さんを好きだと、あいしていると胸を張って言える日が来るようにと、心から思っている。絶対来る。そう信じている。

だって私が好きになった男たちは、あんなにも強くてかっこよくてかわいくてすごいんだから。絶対大丈夫だ。

 

あとちょっとでツアーが始まりますね。私のスタートは大阪から。色んな気持ちはあるけど、全部飲みこんで、食いしばって、「楽しみだね」と笑って言いたい。

そして願わくば、ライブが終わった後、このブログを書いたことを恥じたい。「心配して損した!!関ジャニ∞さん、めっちゃくちゃ大好きだ!」って、泣きながら笑って言いたい。だいすきなともだちと、焼き肉を食らいながら。

 

関ジャニ∞の赤色、渋谷すばるさんへ。

21年間、アイドルとして生きてくれてありがとう。14年間、関ジャニ∞として、私たちに力をくれてありがとう。

あなたを生きてと言ってくれて、本当にありがとう。

だから今度は、あなた自身が、あなたを生きてね。長生きして、それこそ、初老になって、本物のおじいちゃんになって、私の知らないところで、ばかみたいな話をして、ばかみたいに笑っててください。その時はもちろん7人で。

 

関ジャニ∞さんへ。

だいすきです。これまでも。そして、これからも。